インスタ映えの世界ch

インスタ映えする日本や世界の絶景・奇景を動画で紹介するブログです。

あのオメガが認めた幻想空間|大谷資料館

あのオメガが認めた幻想空間|大谷資料館

2014年9月30日、高級時計ブランドのオメガが

大谷石博物館で豪華なパーティーを開催。

 

オメガが認めるほど幻想的な空間大谷資料館を

動画で紹介

 

 

 

 

トリップアドバイザーでの大谷資料館の感想


狭い入口を抜けると、そこは地下空間というか日本じゃないみたいな空間に!!エジプトに行ったことはないけど、ピラミッドはこんな感じかな~~と思いました。

 

f:id:tsuka-2ka:20170920215937j:plain

 

 

外は32度でも地下に入れば18度位の涼しさで、広大な地下空間が体験できます。地下空間から大谷石を採掘していたとは驚きです。 現在はコンサートや映画に利用されています。

 

f:id:tsuka-2ka:20170920215957j:plain

 

 

テレビ番組で知って、初めて行きました。大谷石の切り出された歴史や切り出された後の歴史など初めて見るだけでなく、初めて知るものばかりでした。真夏なのに寒いくらいの中は、オブジェをはじめ、映画の撮影やプロモーションなど多くのイベントに使われた後をそのまま残した場所もあり、幻想的でした。

 

f:id:tsuka-2ka:20170920220014j:plain

 

人工的に掘り出された空間は、自然界のものとは、また違った印象を受けました。映画やCM撮影で使用されることも多いとのことですが、納得できる独特の雰囲気でした。

 

f:id:tsuka-2ka:20170920220029j:plain

 

採石場跡ってどんな感じだろ?と、あんまり分からないまま行ったんですが、めっちゃ良かったです。テーマパークみたいな異空間で栃木にいるとは思えない雰囲気でした。
色んな映画やドラマ、ミュージックビデオのロケ地として使われているというのも納得です。

 

f:id:tsuka-2ka:20170920220047j:plain

 

採石場跡はすごいの一言です。
何か、ドラクエのダンジョンに迷い込んだ気分になります。笑

探検してるみたいで、ワクワクしちゃいました。まるで子供のときに想像した、地下への冒険の旅みたいでした。

 

f:id:tsuka-2ka:20170920220059j:plain

 

 


近づくにつれて道路わきにも岩肌が露出していて、異様な雰囲気になっていきましたが、まさかこんな山奥にこれほどの幻想的な空間があるとは想像以上でした。

 

石を切り出して残ったところが柱のようになっていたり、石造りの階段があったりでまるで地下神殿のよう。


壁にかかっている明かりも良い雰囲気を出している。

広大で奥が深くて、自分はまるでローマの神殿に
タイムスリップしたのではないかと思うほどです。

 

 

大谷資料館のインスタでの評判

 


umoya1
芸術溢れる栃木の地下
舞台があったり、チャペルがあったり素敵な空間
ここ、栃木に行った時にガイドブックで見て気になってました! 雰囲気ある所ですね
ガイドブックで(笑)素敵な場所でしたよ!

 

f:id:tsuka-2ka:20170920220134j:plain

 


liebe.meer_
幻想的にしたかったのに萌え袖が空気をぶち壊す。笑

 

mey_rr99*.
LIAR GAME のロケ地でもあり、曇天に笑うのロケ地でもあるから親子してテンション上がりまくり(笑)洞窟の中13℃くらいで涼しい超えて寒かった

 

f:id:tsuka-2ka:20170920220154j:plain

 

Kaaaaanapg
ここ、ホントツボすぎてヤバイ

nachu_natu いつしか寒さも忘れる 巨大空間

 

 

大塚美術館は、超高い入館料なのに、満足度ナンバーワン

大塚美術館は、超高い入館料なのに、満足度ナンバーワン

 

 

あのトリップアドバイザーで堂々第一位。みんなが「行ってみたい」とインスタ映え感も高評価の世界で一つだけの美術館。

 

超高い入館料なのに満足度NO.1
逆転の発想で大成功をおさめが世界で一つだけの美術館
その美術館があるのは、ひとけのない海沿いの街だが
なんと世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」の
行ってよかった美術館ランキングで堂々一位に輝いている。

 

大塚国際美術館は、徳島県鳴門市の鳴門公園内にある日本では2番目に大きな美術館です。大塚製薬が設立した美術館で、入館料が日本一高いことでも有名です。世界中の名だたる名画たちが全て陶板画で再現されていることがこの美術館の特徴で撮影や触ったりもできます。シシティーナ礼拝堂の回廊などとにかく迫力が抜群で、SNS上で話題となっています。

 

 

f:id:tsuka-2ka:20170918213040j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:tsuka-2ka:20170918212739j:plain

 

f:id:tsuka-2ka:20170918212754j:plain

f:id:tsuka-2ka:20170918212810j:plain

f:id:tsuka-2ka:20170918212823j:plain

f:id:tsuka-2ka:20170918212837j:plain

 

 

ArtsTowada まちにあふれる現代アート アクセスは悪いが、行く価値アリ

ArtsTowada計画とは


個々の展示室を独立した個性的な「アートのための家」とし、さらに官庁街通りの向かい側にはアートの広場があり、通りのあちこちにストリートファーニチャーが置かれているなど、街全体が現代アートの美術館となっています。

 

国の省庁再編によって空き地が目立つようになった十和田市のシンボルロード「官庁街通り」全体を、ArtsTowada計画のもとで1つの大きな美術館に仕立て上げようという目論見の中心となる施設です。

 

国内外問わず世界中の33組のアーティストによる作品が展示されています。青森屈指の人気を誇る美術館です。

 

f:id:tsuka-2ka:20170914042702j:plain

 

 


ArtsTowada計画に対する2chの感想


十和田は見ごたえあるし、しっかりしてると思うよ。
ただ、いきなり見れない作品があったりして残念だわ。見れない作品はサイトで詳しく教えて欲しい。 せっかく遠いのわざわざ行ったのに。
というか遠いよね。青森市内か八戸市内でやって欲しかった。

 

県美と十和田行ってきました。
県美は土地が広くて建物も良かった。制服がミナだったりと細部までこだわっている感じ。 ちゃんとした学芸員さんもいるし、奈良美智作品の展示方法もなかなか。

 

photohito.com

 

 


十和田は正直期待はずれ。現代美術、カッコイイでしょ?だけの
薄っぺらい感じがして全体的に見応えはあまり感じなかった。
あと、忙しそうだったから仕方ないのかもしれないけど、
職員?がイライラカリカリしてて恐かった。
ただ、注目度は十和田の方が断然ありそう。客層が全然違っていて面白かった。

 

 

f:id:tsuka-2ka:20170914045655j:plain

 

 

青森初めての観光客なら、まずは棟方志功記念館に行って欲しい。
青森駅前発で志功館前のバス停を経由して芸術センター(青森公立大学)までJRバスが運行しているよ。毎時一本かそこらだから時刻は確認してね。

 

十和田のつくりから考えると、その場合には新しいアートに合わせて展示室ごと変えることもできそうです
初期の事業費が他の美術館と比べてかなり安いことも、今後フレキシブルな対応をするには有利でしょう
県美と比べると、時代に対応できる力も十和田の方があると思いました

 

f:id:tsuka-2ka:20170914045718j:plain

 

企画展で客を呼ぼうとする事がどう古いのか判りませんが
常設とパーマネントコレクションはすこし違うと思います。十和田は現在の印象(計画でしょうか) ではパーマネントですね。保守管理の維持、ご苦労様です。


作品の収蔵数のことが気になります。県立美は常設も定期的に変えていますね。
けっして十和田をつまらないとは申しませんが
いつかは常設施設部分での展示変えもあるのでしょうか?
十和田の企画展示室も存じておりますが、今後の内容的には竜頭蛇尾になりませんか?
心配です。また見に行こうと思います。

 

f:id:tsuka-2ka:20170914045737j:plain

 

十和田はまだ見ていませんが、展示しっぱなしでは飽きられると思います。


青森県美は企画展室を稼動させているし教育普及のアウトリーチもありますね。
新刊を入れない図書館はいずれ飽きられるようなものです。

以上引用元:【美術館】青森県のアート事情【ギャラリー】

 


動画参考先
Arts Towada Winter illumination 八戸空撮 十和田
https://youtu.be/oa3EBW7vO3I

7月31日(日)Marche Arts Towada チャリティマルシェ予告編
2011年7月31日(日)に十和田市現代美術館アート広場で行うMarche Arts Towada チャリティマルシェの予告編です♪
https://youtu.be/sxVGU9gd70Q

十和田市現代美術館 ライトアップ
https://www.youtube.com/watch?v=UorHCFsQpT0

十和田市現代美術館
https://www.youtube.com/watch?v=t_OKNhu_7EM

十和田市現代美術館&アート広場
https://youtu.be/QNB6M4R-M3I

 

画像引用もと


 

イサムノグチが贈った水遊び場・モエレビーチのライトアップがインスタ映え感半端ない

 

インスタ映え感が半端ない彫刻家イサムノグチが贈った「水遊び場 モエレビーチ」

 

モエレビーチは、札幌市東区モエレ沼公園という総合公園の中にある

水遊び場です。

 

基本設計を世界的に有名な彫刻家「イサムノグチ」氏が手掛けたということで

公園全体がアートのような空間になっているとのことです。

 

広大な公園の敷地には、大型の遊具や、ガラスのピラミッドなど

スケールが大きなダイナミックなフォルムのオブジェがたくさん設置されているそうで

 

その中でもこの「モエレビーチ」は、

海のない札幌の子供たちに、

海をイメージするような、ダイナミックな波の動きを表現するような

噴水となっているそうです。

 

この噴水ですが、夜間にライトアップされ、インスタ映え感が

半端ないです。

 

ライトアップの見られる時間は

以下のタイムテーブルのようになっています。

 

4~5月 平 日 10:30 – 10:45 13:15 – 13:55 16:00 – 16:15
  土日祝 10:30 – 10:45 13:15 – 13:55 16:00 – 16:15 18:30 – 18:45 *
6~8月 平日/土日祝 10:30 – 10:45 13:15 – 13:55 16:00 – 16:15 19:15 – 19:55 *
9~10月 平日/土日祝 10:30 – 10:45 13:15 – 13:55 16:00 – 16:15 18:30 – 18:45 *
 

 

札幌しないから車で20分くらいということですから

是非ツアーに入れてほしいものですね。